【施術後にキープできる人と出来ない人の違いは?】

それは筋肉の動かし方の学習が必要か必要ではないかにあります。必要な人は体の不具合を整える事に加えて、

プラスで脳に正しい筋肉の使い方を学習させる必要があるのです。

正しい使い方を知っている人は、歪みを整えてあげるだけで、後は快適に日常生活を送り続ける方もいます。

さて、ご自分はどちらだと思いますか?

学習が必要なタイプの方には‥‥愛を込めて踏む場合もあります。

骨盤【左右ねじれ】タイプ

【左右ねじれ】タイプ

骨盤が左右のどちらかにねじれているタイプです。

片方の足に体重をかけて立つ方に多く見られます。

●スカートのウエスト部分がずれる

●くびれの位置が左右で違う

●張り方やむくみ方に左右差がある

当てはまりましたか?

ねじれに加えて、カラダの重心が前後になるほどに、筋肉への負荷が沢山かかってきます。
☆他のタイプも見てみる

○前重心骨盤前傾

○前重骨盤後傾

骨盤複合タイプ【前重心×骨盤後傾】

【前重心✖骨盤後傾】

体重が前に掛かり、骨盤が後ろに傾いているタイプの方です。

妊婦さんに多い傾向があり、産後にもカラダの癖でこの体勢のまま過ごしている方も多く見受けられます。体の特徴としてはこのような状態です。
●太ももの前側が張り出し、本来よりも太くなっている
●太ももの後側が硬くなっている
●骨盤が開いている
●猫背
●首の強い張り
当てはまりましたか?
ここにカラダのねじれが加わるほどに、筋肉への負荷が沢山かかってきます。
●他のタイプも見てみる

骨盤後傾タイプ【後重心×骨盤後傾】

【後重心×骨盤後傾】

体重が後ろに掛かり、骨盤が後ろに傾いているタイプの方です。

男性に多い傾向があり、骨盤と股関節を開きながら歩いている方が多く見受けられます。体の特徴としてはこのような状態です。
●太ももの後側が硬くなっている
●骨盤が開いている
●O脚
●猫背
●首の強い張り
当てはまりましたか?
ここにカラダのねじれが加わるほどに、筋肉への負荷が沢山かかってきます。
●他のタイプも見てみる

骨盤前傾タイプ【前重心✖骨盤前傾】

【前重心✖骨盤前傾】

体重が前に掛かり、骨盤が前に傾いているタイプの方です。

女性に多い傾向があり、一見姿勢が良く見える場合もありますが体の特徴としてはこのような状態です。
●前太ももの張り出しが強く、本来よりも太くなってしまっている
●反り腰
●首の強い貼り
●出っ尻
●ぽっこりおなか
当てはまりましたか?
ここにカラダのねじれが加わるほどに、筋肉への負荷が沢山かかってきます。
●他のタイプも見てみる